ぽにぽにねこがねころんだ

書きたいことだけ書きます。

もう遊戯王しないけどレアカード当てまくりたい。

子供の頃遊んでいた遊戯王オフィシャルカードゲーム。

新しいパックが発売されるとお小遣いを持って近所の駄菓子屋さんに駆け込んだ記憶がある。どんな種類のカードが収録されているのかもよく分からないけれど、数パック購入し店先のコンクリートの階段に座ってゆっくりと開ける。本当は急いで中身を確認したいけれどそんなにたくさん買えるものじゃなかったし、そのわくわくとした気持ちをできるだけ長く楽しみたかった。なかなか封を切らずに外装をずっと眺めることもあった。パッケージに書いてあるモンスターは出るのだろうか。レアカードは何種類入っているのか。とにかくレアリティの高い、キラキラと光るカードが欲しかった。あんまり良いカードが出なければぐぬぬと唸る。今日はお菓子を買うのは我慢しよう。もう一度店内へ戻り新たにパックを一つ手に取る。今考えるとソーシャルゲームのガチャにちょっと似てるな。キラキラと光るカードが出た時の高揚感がたまらない。そのカードが強いのか弱いのか、そんなのはあんまり関係がなかった。手持ちのカードを組み合わせて、そのカードをどうやって使うのか考えるのは楽しかったな。

カードゲームで遊ばなくなって10年くらい経つが、やはりもう新しいパックが出ても購入することはない。当然今どんなカードが出ているのかなんて調べないし、ほとんど触れ合うこともなくなった。カードの種類も増えすぎて今更参戦する気も起きない。

だけどyoutubeに投稿されているトレーディングカードゲームのパックを開封している動画を見ていると、なんだか僕も遊戯王に限らずカードパックを購入したくなってくる。カードゲームしないのに。ただただレアカードが引きてえ。最近のカードのデザインかっこいいしかわいい女の子キャラ多いしたのしそうなんだもの。子供のころは5パックも開けられたらめちゃくちゃ贅沢なのに、今の僕は30パック入りの箱をまるごと、何個でも買えちゃう。こんな贅沢があるか??

ただ、この「カードで遊びもしないのにパック引きたい欲求」というのは明らかにソシャゲのガチャでレアリティの高いキャラクターをひいてただ気持ちよくなりたいだけの状態と同じ。かなり危ない欲求だ。脳が焼けるような気持ちよさを欲しがってる。引いたところでなんにもならないのに。カードゲームしないから。

 

僕は昔集めた自分のカードを押し入れの中から探し出して、その危険な欲求を鎮めることとした。でもいくら探してもカードは見つからなかった。今日は家の中を掃除をする予定だから遊戯王カードをどこへやったのか、家中を捜索しようと思う。見つかったらこのページに貼りまくって楽しい気分になろう。

 

■見つかったカード■

2018/09/15 11:04 一枚も見つからず。

f:id:poniponicat:20180915110414j:plain
f:id:poniponicat:20180915110417j:plain

↑(もともと紫だったけど黒く変色したゲームボーイはあった)

おしまい。

にほんブログ村 その他日記ブログへ